保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > コロナ禍の税務調査 細部まで追及される可能性も 経営研究会

コロナ禍の税務調査 細部まで追及される可能性も 経営研究会

20210820keiei.jpg 税対経営部は820日、「元国税調査官から学ぶ!税務調査の手法と対応」をテーマに経営研究会をWEBで開催。講師は神奈川税経センター所長で税理士の佐々木隆夫氏が務め、33名が視聴した。 

 佐々木氏は、コロナ禍の税務調査は調査官が訪問しにくいものの、調査件数はさほど減少していないと指摘。また、調査官が署内で税務書類を精査する時間が多くなり、細部まで追及される可能性が高まっていると警鐘した。関連して、以前から警戒を促してきた帳簿類の留め置き(持ち帰り)は、入念な調査となるため、調査は必ず現場で終わらせるべきと強調した。最後に、近年増加する「おたずね文書」(行政指導)を利用した税務調査は国税通則法改正(2013年)以降、税務署が納税者との接触機会増を企図したものだが、安易に応じず、必ず税理士に相談して対応すべきと結んだ。

(神奈川県保険医新聞2021年9月5日号より抜粋)

20210820keiei.jpg 税対経営部は820日、「元国税調査官から学ぶ!税務調査の手法と対応」をテーマに経営研究会をWEBで開催。講師は神奈川税経センター所長で税理士の佐々木隆夫氏が務め、33名が視聴した。 

 佐々木氏は、コロナ禍の税務調査は調査官が訪問しにくいものの、調査件数はさほど減少していないと指摘。また、調査官が署内で税務書類を精査する時間が多くなり、細部まで追及される可能性が高まっていると警鐘した。関連して、以前から警戒を促してきた帳簿類の留め置き(持ち帰り)は、入念な調査となるため、調査は必ず現場で終わらせるべきと強調した。最後に、近年増加する「おたずね文書」(行政指導)を利用した税務調査は国税通則法改正(2013年)以降、税務署が納税者との接触機会増を企図したものだが、安易に応じず、必ず税理士に相談して対応すべきと結んだ。

(神奈川県保険医新聞2021年9月5日号より抜粋)