保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 「訪問診療のハードルは高くない、明日から準備できること」 歯科訪問診療懇談会

「訪問診療のハードルは高くない、明日から準備できること」 歯科訪問診療懇談会

20210530sikazaitaku.jpg 歯科部会は5月30日「歯科訪問診療懇談会~外来を中心としながら始めるには~」をウェビナー配信限定で開催し、18名が参加した。全3部構成で座長は二村理事が務めた。

 第1部「施設基準や介護事業所の申請手続きについて」は吉田氏、「訪問診療を始めたきっかけ・実際の器具機材や診療内容について」は相馬氏から話題提供。第2部は座長、話題提供者に金田、箕輪、恒川、井上各氏を加えたパネリストによる座談会で、「治療内容や使用器材」、「在宅での対応が難しいと感じたケース」、「コロナ禍での訪問診療の対応状況」など各々の実例を交えたディスカッションを行った。第3部は在宅点数を事務局が解説した。質疑応答では処置時の姿勢保持など診療体勢や施設基準の申請についての質問も寄せられ、パネリストからリアルタイムで回答。参加者の訪問診療に対する不安・疑問に答える懇談会となった。

(神奈川県保険医新聞2021年6月15日号より抜粋)

20210530sikazaitaku.jpg 歯科部会は5月30日「歯科訪問診療懇談会~外来を中心としながら始めるには~」をウェビナー配信限定で開催し、18名が参加した。全3部構成で座長は二村理事が務めた。

 第1部「施設基準や介護事業所の申請手続きについて」は吉田氏、「訪問診療を始めたきっかけ・実際の器具機材や診療内容について」は相馬氏から話題提供。第2部は座長、話題提供者に金田、箕輪、恒川、井上各氏を加えたパネリストによる座談会で、「治療内容や使用器材」、「在宅での対応が難しいと感じたケース」、「コロナ禍での訪問診療の対応状況」など各々の実例を交えたディスカッションを行った。第3部は在宅点数を事務局が解説した。質疑応答では処置時の姿勢保持など診療体勢や施設基準の申請についての質問も寄せられ、パネリストからリアルタイムで回答。参加者の訪問診療に対する不安・疑問に答える懇談会となった。

(神奈川県保険医新聞2021年6月15日号より抜粋)