保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 診療報酬の「損税」解消に向け国会行動 財務・厚労、国会議員へ要望署名提出

診療報酬の「損税」解消に向け国会行動 財務・厚労、国会議員へ要望署名提出

20180614.jpg

 神奈川県保険医協会は2018年6月14日、国会行動を行い、この間協会会員から集めた診療報酬の消費税「損税」解消の要望署名277筆を内閣総理大臣、財務大臣、厚労大臣あてに提出するとともに、県内選出議員4名と懇談し、消費税「損税」解消への理解と実現を求めた。

 当日は、三谷英弘議員(衆・自民)、阿部知子議員(衆・立民)、中谷一馬議員(衆・立民)、牧山ひろえ議員(参・立民)と懇談。

 また同日に開催された医療への「ゼロ税率」適用を求める国会内集会では、全国保険医団体連合会が実施した「消費税負担額概算調査」の結果が報告された。

(神奈川県保険医新聞2018年7月5日号より抜粋)

 

20180614.jpg

 神奈川県保険医協会は2018年6月14日、国会行動を行い、この間協会会員から集めた診療報酬の消費税「損税」解消の要望署名277筆を内閣総理大臣、財務大臣、厚労大臣あてに提出するとともに、県内選出議員4名と懇談し、消費税「損税」解消への理解と実現を求めた。

 当日は、三谷英弘議員(衆・自民)、阿部知子議員(衆・立民)、中谷一馬議員(衆・立民)、牧山ひろえ議員(参・立民)と懇談。

 また同日に開催された医療への「ゼロ税率」適用を求める国会内集会では、全国保険医団体連合会が実施した「消費税負担額概算調査」の結果が報告された。

(神奈川県保険医新聞2018年7月5日号より抜粋)