保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 鎌倉支部研究会 認知症は、早期支援・診断後支援と町ぐるみの支えが重要

鎌倉支部研究会 認知症は、早期支援・診断後支援と町ぐるみの支えが重要

20180221-1.jpg

 神奈川県保険医協会・鎌倉支部は2018年2月21日、「知っておきたい!医科・歯科開業医のための認知症患者の理解と向き合い方」をテーマに研究会を開催。講師に汐入メンタルクリニック院長の阿瀬川孝治氏を迎え、会員ら7名が参加した。

 氏は4大認知症について概説。認知症は病名でなく、振舞いとして表現される状態像だとした。併せて早期支援・診断後支援と町ぐるみの支えが重要であるとし、過度な予防意識は差別・偏見と表裏一体なこと、年齢段階別有病率を紹介。認知症への理解を促した。

(神奈川県保険医新聞2018年3月5日号より抜粋)

 

20180221-1.jpg

 神奈川県保険医協会・鎌倉支部は2018年2月21日、「知っておきたい!医科・歯科開業医のための認知症患者の理解と向き合い方」をテーマに研究会を開催。講師に汐入メンタルクリニック院長の阿瀬川孝治氏を迎え、会員ら7名が参加した。

 氏は4大認知症について概説。認知症は病名でなく、振舞いとして表現される状態像だとした。併せて早期支援・診断後支援と町ぐるみの支えが重要であるとし、過度な予防意識は差別・偏見と表裏一体なこと、年齢段階別有病率を紹介。認知症への理解を促した。

(神奈川県保険医新聞2018年3月5日号より抜粋)