保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 国会行動 更なる患者負担増を進めないよう要請

国会行動 更なる患者負担増を進めないよう要請

20180215.jpg

 神奈川県保険医協会・全国保険医団体連合会は2018年2月15日、国会行動を実施し議員要請を行った。議員要請では21名の神奈川選出議員に経済的理由による受診中断を経験した医療機関の割合が4割との調査結果を示し、今後計画される更なる患者負担増を進めないよう要請した。

 昼からは「診療報酬改善&ストップ患者負担増」をテーマに国会内集会を開催、住江保団連会長に各協会・医会の出席者が意見や質問を寄せる形で行われ、多くの協会から、医療運動、署名などへの参加者増が課題であると発言。活動への参加者増に向けた取り組みについて意見交換を行った。

(神奈川県保険医新聞201835日号より抜粋)

20180215.jpg

 神奈川県保険医協会・全国保険医団体連合会は2018年2月15日、国会行動を実施し議員要請を行った。議員要請では21名の神奈川選出議員に経済的理由による受診中断を経験した医療機関の割合が4割との調査結果を示し、今後計画される更なる患者負担増を進めないよう要請した。

 昼からは「診療報酬改善&ストップ患者負担増」をテーマに国会内集会を開催、住江保団連会長に各協会・医会の出席者が意見や質問を寄せる形で行われ、多くの協会から、医療運動、署名などへの参加者増が課題であると発言。活動への参加者増に向けた取り組みについて意見交換を行った。

(神奈川県保険医新聞201835日号より抜粋)