保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 鎌倉支部 キャッシュフロー経営の極意を伝授

鎌倉支部 キャッシュフロー経営の極意を伝授

20170920-2.jpg

 神奈川県保険医協会・鎌倉支部は2017年9月20日、開業医専門ファイナンシャルプランナーの友部守氏を講師に、大船学習センターで支部研究会を開催。「開業医のためのキャッシュフロー経営の極意」をテーマに、9名が参加した。

 氏は、お金はあくまで理想実現の手段とした上で「お金のブロックパズル」を紹介。粗利率(医療機関の平均は80%)や労働分配率(目安は40~60%)をパズルに組み込むことで、借入金返済に必要な医業収入や妥当な人件費は簡単に見当がつくとし、経営判断のコツを解説した。

(神奈川県保険医新聞2017年10月5日号より抜粋)

20170920-2.jpg

 神奈川県保険医協会・鎌倉支部は2017年9月20日、開業医専門ファイナンシャルプランナーの友部守氏を講師に、大船学習センターで支部研究会を開催。「開業医のためのキャッシュフロー経営の極意」をテーマに、9名が参加した。

 氏は、お金はあくまで理想実現の手段とした上で「お金のブロックパズル」を紹介。粗利率(医療機関の平均は80%)や労働分配率(目安は40~60%)をパズルに組み込むことで、借入金返済に必要な医業収入や妥当な人件費は簡単に見当がつくとし、経営判断のコツを解説した。

(神奈川県保険医新聞2017年10月5日号より抜粋)