保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 筆力の向上は思考の枠組みを広げる 文章術セミナーを開催

筆力の向上は思考の枠組みを広げる 文章術セミナーを開催

20170906.jpg

 神奈川県保険医協会・新聞部は2017年9月6日、「他人が書いた文章をリライトしてみよう」をテーマに、文章術セミナーを協会会議室で開催。作家でライターの安藤智子氏を迎え、17名が参加した。

 氏は「筆力向上の秘訣は、悪文を一読して分かるよう書き直すこと」とし、重複表現は避ける、一文に複数の事柄を盛り込まない―等と文章のコツを解説した。最後に「文に触れた時『自分や名文家なら、どう書くか』を考えれば、リライトはどこにいてもできる」と実践を促した。

(神奈川県保険医新聞2017年9月15日号より抜粋)

20170906.jpg

 神奈川県保険医協会・新聞部は2017年9月6日、「他人が書いた文章をリライトしてみよう」をテーマに、文章術セミナーを協会会議室で開催。作家でライターの安藤智子氏を迎え、17名が参加した。

 氏は「筆力向上の秘訣は、悪文を一読して分かるよう書き直すこと」とし、重複表現は避ける、一文に複数の事柄を盛り込まない―等と文章のコツを解説した。最後に「文に触れた時『自分や名文家なら、どう書くか』を考えれば、リライトはどこにいてもできる」と実践を促した。

(神奈川県保険医新聞2017年9月15日号より抜粋)