保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 地域医療学習会 障害児を支える医療へ 退院時の多職種相談に学ぶ

地域医療学習会 障害児を支える医療へ 退院時の多職種相談に学ぶ

20170324.jpg

 神奈川県保険医協会・地域医療対策部は2017年3月24日、地域医療学習会「障害児者の在宅医療の始まりをしる」を開催。会員・福祉職など講師含め40名が参加した。

 好評だった昨年の在宅医療・介護セミナーで障害児者を初めてテーマとした後続企画。障害児者が在宅医療へ移行する際、要となる退院時カンファレンスの実際を6名の講師陣によるロールプレイで再現。新機軸として参加者のグループワークを織り交ぜた。参加者からはグループワークの評価も高く、「地域においてどのように小児在宅を支えていくか考えるキッカケになった」との声が寄せられた。

(神奈川県保険医新聞2017年4月15日号より抜粋)

20170324.jpg

 神奈川県保険医協会・地域医療対策部は2017年3月24日、地域医療学習会「障害児者の在宅医療の始まりをしる」を開催。会員・福祉職など講師含め40名が参加した。

 好評だった昨年の在宅医療・介護セミナーで障害児者を初めてテーマとした後続企画。障害児者が在宅医療へ移行する際、要となる退院時カンファレンスの実際を6名の講師陣によるロールプレイで再現。新機軸として参加者のグループワークを織り交ぜた。参加者からはグループワークの評価も高く、「地域においてどのように小児在宅を支えていくか考えるキッカケになった」との声が寄せられた。

(神奈川県保険医新聞2017年4月15日号より抜粋)