保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 医科・医療安全対策講習会 医療安全管理の基本、立入調査時の注意点を解説

医科・医療安全対策講習会 医療安全管理の基本、立入調査時の注意点を解説

 神奈川県保険医協会・保険診療対策部は2017年3月2日、関内ホールで「医療安全対策講習会」を開催、医院スタッフを中心に103医療機関174名が参加した。

 講習会では、医療安全管理の基本として、指針の策定が義務であることを説明。実際に起こったヒヤリ・ハット事例や、行政による立入調査での注意点にも触れた。また医療事故調査制度の概要にも触れ、管理者が予期しない死亡(死産)のみが制度の対象であるとした。

 医療機関の管理者には、年2回の従業員研修が義務づけられおり、今回はその一環で開催した。

(神奈川県保険医新聞2017年3月15日号より抜粋)

 神奈川県保険医協会・保険診療対策部は2017年3月2日、関内ホールで「医療安全対策講習会」を開催、医院スタッフを中心に103医療機関174名が参加した。

 講習会では、医療安全管理の基本として、指針の策定が義務であることを説明。実際に起こったヒヤリ・ハット事例や、行政による立入調査での注意点にも触れた。また医療事故調査制度の概要にも触れ、管理者が予期しない死亡(死産)のみが制度の対象であるとした。

 医療機関の管理者には、年2回の従業員研修が義務づけられおり、今回はその一環で開催した。

(神奈川県保険医新聞2017年3月15日号より抜粋)