保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > マイナンバー対策セミナー「収集・提供しない」ための実務対策を提案 医療情報部

マイナンバー対策セミナー「収集・提供しない」ための実務対策を提案 医療情報部

20161129-2.jpg

 神奈川県保険医協会・医療情報部は2016年11月29日、「マイナンバー対策セミナー2016」を開催、76名が参加した。

 本セミナーは年末年始より集中する医療機関のマイナンバー実務対応について、協会が提案する「マイナンバーを収集・提供しない」ことの趣旨や方法を解説するために企画。

 当日は、まずマイナンバー制度のはらむ問題や危険性、協会の主張や違憲訴訟をはじめとする廃止運動について説明。続いて年末調整や源泉徴収事務など実務に重点を置き、「収集・提供しない」ための対応方法を詳述。

 参加者アンケートでは、講義内容は概ね好評、今後の対策では「収集・提供しない」との回答が大半を占めた。

(神奈川県保険医新聞2016年12月15日号より抜粋)

20161129-2.jpg

 神奈川県保険医協会・医療情報部は2016年11月29日、「マイナンバー対策セミナー2016」を開催、76名が参加した。

 本セミナーは年末年始より集中する医療機関のマイナンバー実務対応について、協会が提案する「マイナンバーを収集・提供しない」ことの趣旨や方法を解説するために企画。

 当日は、まずマイナンバー制度のはらむ問題や危険性、協会の主張や違憲訴訟をはじめとする廃止運動について説明。続いて年末調整や源泉徴収事務など実務に重点を置き、「収集・提供しない」ための対応方法を詳述。

 参加者アンケートでは、講義内容は概ね好評、今後の対策では「収集・提供しない」との回答が大半を占めた。

(神奈川県保険医新聞2016年12月15日号より抜粋)