保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 医療保険制度改革関連法案やマイナンバー法の改定案などへの反対訴え 国会内集会開催

医療保険制度改革関連法案やマイナンバー法の改定案などへの反対訴え 国会内集会開催

20150521.jpg

 神奈川県保険医協会・全国保険医団体連合会が加盟する、いのちまもるヒューマンチェーン会議は2015年5月21日、国会内集会を開催。医療保険制度改革関連法案やマイナンバー法の改定案などへの反対を唱えた。

 集会では、今国会で審議がされているマイナンバー法の改定案について協会事務局主幹が発言。預金口座、特定健診情報等の対象拡大は、「施行後3年間の状況を鑑み検討する」との約束を反故にすると指摘、特に特定健診情報の追加は、機微性の高い情報を対象外とするとの趣旨にも反すると訴えた。

(神奈川県保険医新聞2015年6月5日号より抜粋)

20150521.jpg

 神奈川県保険医協会・全国保険医団体連合会が加盟する、いのちまもるヒューマンチェーン会議は2015年5月21日、国会内集会を開催。医療保険制度改革関連法案やマイナンバー法の改定案などへの反対を唱えた。

 集会では、今国会で審議がされているマイナンバー法の改定案について協会事務局主幹が発言。預金口座、特定健診情報等の対象拡大は、「施行後3年間の状況を鑑み検討する」との約束を反故にすると指摘、特に特定健診情報の追加は、機微性の高い情報を対象外とするとの趣旨にも反すると訴えた。

(神奈川県保険医新聞2015年6月5日号より抜粋)