保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 鎌倉支部 経営研究会 雇用トラブルの防止策を解説

鎌倉支部 経営研究会 雇用トラブルの防止策を解説

20150415.jpg

 神奈川県保険医協会・鎌倉支部は2015年4月15日、大船学習センターで経営研究会を開催。「雇用管理のトラブル予防・対応法~職員の採用から退職までの雇用管理を解説~」をテーマに特定社会保険労務士の三井田浩氏が講演、12名が参加した。

 三井田氏は年々民事上の個別労働紛争相談件数が増加しており、どの医療機関内でも労働紛争は起こり得ると指摘。その上でトラブル雇用トラブルの一番の「防止策」は雇用時にきちんと従業員と「雇用契約書」等を文書で交わすことだと強調した。

(神奈川県保険医新聞2015年5月5・15日号より抜粋)

20150415.jpg

 神奈川県保険医協会・鎌倉支部は2015年4月15日、大船学習センターで経営研究会を開催。「雇用管理のトラブル予防・対応法~職員の採用から退職までの雇用管理を解説~」をテーマに特定社会保険労務士の三井田浩氏が講演、12名が参加した。

 三井田氏は年々民事上の個別労働紛争相談件数が増加しており、どの医療機関内でも労働紛争は起こり得ると指摘。その上でトラブル雇用トラブルの一番の「防止策」は雇用時にきちんと従業員と「雇用契約書」等を文書で交わすことだと強調した。

(神奈川県保険医新聞2015年5月5・15日号より抜粋)