保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 患者トラブルの傾向と対策、女性医師・歯科医師の立場から考える JOY会研究会

患者トラブルの傾向と対策、女性医師・歯科医師の立場から考える JOY会研究会

1019joy.jpg

 JOY会は10月19日、「今こそ知っておきたいトラブル対応の技術とは何か―女性医師・歯科医師の立場に即して考える」をテーマに、18回目となる研究会を開催。講師に南堺病院・事務部顧問の尾内康彦氏を迎え、13名が参加した。氏は、患者とのトラブルは年々増加傾向にあり、同時にその内容・質は大きく変化していることを指摘。その背景には、社会情勢が大きく関わっており、安定秩序感覚を失った国民の不安がトラブルの引き金になっていることなどに触れ、氏が相談に乗る中で獲得された医師・歯科医師の日頃の心構えについてアドバイスした。

(神奈川県保険医新聞2019年11月5日号より抜粋)

1019joy.jpg

 JOY会は10月19日、「今こそ知っておきたいトラブル対応の技術とは何か―女性医師・歯科医師の立場に即して考える」をテーマに、18回目となる研究会を開催。講師に南堺病院・事務部顧問の尾内康彦氏を迎え、13名が参加した。氏は、患者とのトラブルは年々増加傾向にあり、同時にその内容・質は大きく変化していることを指摘。その背景には、社会情勢が大きく関わっており、安定秩序感覚を失った国民の不安がトラブルの引き金になっていることなどに触れ、氏が相談に乗る中で獲得された医師・歯科医師の日頃の心構えについてアドバイスした。

(神奈川県保険医新聞2019年11月5日号より抜粋)