保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > アロマの薬理効果を実感"癒された" JOY会・第24回研究会 

アロマの薬理効果を実感"癒された" JOY会・第24回研究会 

20210624jyoikai.jpg JOY会は6月24日、「医療現場で役立つアロマのお話」をテーマに協会会議室にて研究会を開催。アロマアドバイザーの斎藤由喜江氏を講師に迎え、13名が参加した。

 氏は、アロマテラピー(芳香療法)とは、100%天然のエッセンシャルオイル(精油)の薬理効果を利用した自然療法だと紹介。そのうえで、ラベンダー:鎮痛、血圧降下やローズマリー:消化促進、海馬に作用、レモン:殺菌、利尿―等10種類以上の精油の効能を説明。参加者は実際にその香りを嗅ぎ、気に入った一つの精油を選びアロマスプレーとして持ち帰った。「コロナ禍で不安な毎日の中で癒された」と好評のうちに終了した。

(神奈川県保険医新聞2021年7月25日号より抜粋)

20210624jyoikai.jpg JOY会は6月24日、「医療現場で役立つアロマのお話」をテーマに協会会議室にて研究会を開催。アロマアドバイザーの斎藤由喜江氏を講師に迎え、13名が参加した。

 氏は、アロマテラピー(芳香療法)とは、100%天然のエッセンシャルオイル(精油)の薬理効果を利用した自然療法だと紹介。そのうえで、ラベンダー:鎮痛、血圧降下やローズマリー:消化促進、海馬に作用、レモン:殺菌、利尿―等10種類以上の精油の効能を説明。参加者は実際にその香りを嗅ぎ、気に入った一つの精油を選びアロマスプレーとして持ち帰った。「コロナ禍で不安な毎日の中で癒された」と好評のうちに終了した。

(神奈川県保険医新聞2021年7月25日号より抜粋)