保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > コロナ禍での保険加入テーマにセミナー「保障目的の明確化がポイント」

コロナ禍での保険加入テーマにセミナー「保障目的の明確化がポイント」

20210423kyousai.jpg 共済部は4月23日、「コロナ禍における保険の加入について考える」をテーマにセミナーを開催。講師は税理士法人コンフィアンス副所長の税理士・松本重明氏が務め、会員・家族31名が参加した。

 氏は、保険加入のポイントは、自身や家族に考えうる経済的リスクを確認し、「死亡保障」、「医療保障」、「介護保障」、「老後保障」など、保障の目的を明確にさせた上で加入することであると説明。また、新しい保険に加入するために、現在加入している保険を解約すると、解約する商品やタイミングによっては解約返戻金が払込保険料を下回ってしまうケースもあると強調した。セミナー後に事務局より、現在、普及期間中の保険医年金・休業保障共済保険のPRを行っている。

(神奈川県保険医新聞2021年6月5日号より抜粋)

20210423kyousai.jpg 共済部は4月23日、「コロナ禍における保険の加入について考える」をテーマにセミナーを開催。講師は税理士法人コンフィアンス副所長の税理士・松本重明氏が務め、会員・家族31名が参加した。

 氏は、保険加入のポイントは、自身や家族に考えうる経済的リスクを確認し、「死亡保障」、「医療保障」、「介護保障」、「老後保障」など、保障の目的を明確にさせた上で加入することであると説明。また、新しい保険に加入するために、現在加入している保険を解約すると、解約する商品やタイミングによっては解約返戻金が払込保険料を下回ってしまうケースもあると強調した。セミナー後に事務局より、現在、普及期間中の保険医年金・休業保障共済保険のPRを行っている。

(神奈川県保険医新聞2021年6月5日号より抜粋)