保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 医科 新点数運用研究会 疑義解釈など詳細に解説

医科 新点数運用研究会 疑義解釈など詳細に解説

20180429.jpg

 神奈川県保険医協会・保険診療対策部は2018年4月29日、横浜市西公会堂で新点数運用研究会を開催。170医療機関274名が参加した。

 当日は、算定ルールが明確になった点数や、厚労省からの疑義解釈を含む今次診療報酬改定のポイントを説明。初診料に係る機能強化加算や初再診料の妊婦加算、在医総管の包括的支援加算、ベンゾジアゼピン受容体作動薬の長期処方の減算規定など、疑義が生じやすい項目については重点的に解説を行い好評であった。

(神奈川県保険医新聞2018年5月25日号より抜粋)

20180429.jpg

 神奈川県保険医協会・保険診療対策部は2018年4月29日、横浜市西公会堂で新点数運用研究会を開催。170医療機関274名が参加した。

 当日は、算定ルールが明確になった点数や、厚労省からの疑義解釈を含む今次診療報酬改定のポイントを説明。初診料に係る機能強化加算や初再診料の妊婦加算、在医総管の包括的支援加算、ベンゾジアゼピン受容体作動薬の長期処方の減算規定など、疑義が生じやすい項目については重点的に解説を行い好評であった。

(神奈川県保険医新聞2018年5月25日号より抜粋)