保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 子ども虐待防止オレンジリボンたすきリレー10年 支援リーフなど協会の取り組み紹介

子ども虐待防止オレンジリボンたすきリレー10年 支援リーフなど協会の取り組み紹介

20161030.jpg

 神奈川県保険医協会・地域医療対策部は2016年10月30日、10周年を迎えた「子どもの虐待防止オレンジリボンたすきリレー2016」にブース出展した。子育て支援リーフ・虐待発見のポイントやTV・新聞紹介のパネル掲示。協会のマスコット・ゼロくんは多くの来場者の関心を引いた。

 当日は舞台で被虐待者の元プロボクサーのスピーチ、プロの演奏、歌唱やパントマイム、会場での折り紙(資生堂福祉財団)、絵本読み聞かせ(セブンイレブン)、里親縁組(神奈川県)など、寒さに負けず企画が進行。たすきリレーは都心、湘南、三浦半島の3コースから駅伝方式で、児童虐待防止のシンボル・オレンジリボンの襷を繋ぎ社会啓発を行なった。

(神奈川県保険医新聞2016年11月15日号より抜粋)

20161030.jpg

 神奈川県保険医協会・地域医療対策部は2016年10月30日、10周年を迎えた「子どもの虐待防止オレンジリボンたすきリレー2016」にブース出展した。子育て支援リーフ・虐待発見のポイントやTV・新聞紹介のパネル掲示。協会のマスコット・ゼロくんは多くの来場者の関心を引いた。

 当日は舞台で被虐待者の元プロボクサーのスピーチ、プロの演奏、歌唱やパントマイム、会場での折り紙(資生堂福祉財団)、絵本読み聞かせ(セブンイレブン)、里親縁組(神奈川県)など、寒さに負けず企画が進行。たすきリレーは都心、湘南、三浦半島の3コースから駅伝方式で、児童虐待防止のシンボル・オレンジリボンの襷を繋ぎ社会啓発を行なった。

(神奈川県保険医新聞2016年11月15日号より抜粋)