保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 神奈川発で運動の全国展開を 75歳以上2割化反対スタート集会

神奈川発で運動の全国展開を 75歳以上2割化反対スタート集会

20180621-2.jpg

 2018年6月21日、建設プラザかながわにて「75歳以上の医療費2倍化反対!6・21スタート県民集会」(主催は神奈川県保険医協会も加入する実行委員会)が開催。26団体123名が参加した。

 当日は、全国保険医団体連合会・住江憲勇会長が記念講演し、「負担増の本当の狙いは何か、それにより誰が利益を得るのかを見極め、怒りを起こす運動取り組み、世論操作を打ち破る国民的学習が必要」と訴えた。

 この他、後期高齢者の保険料への不服審査請求の取り組みの呼びかけ、東京・日の出町の視察報告が行われた。

 フロア発言では「神奈川だけでなく2割化反対の運動を全国に広げよう」との声が出されたほか、野本理事が「75歳以上の無料化は横浜市で一般会計の約1.8%、県なら同3.6%で実現可能」と試算を提示。

 閉会挨拶として二村理事が「各団体の発言から負担増への対抗の決意を感じた」と締めくくった。

(神奈川県保険医新聞2018年7月5日号より抜粋)

20180621-2.jpg

 2018年6月21日、建設プラザかながわにて「75歳以上の医療費2倍化反対!6・21スタート県民集会」(主催は神奈川県保険医協会も加入する実行委員会)が開催。26団体123名が参加した。

 当日は、全国保険医団体連合会・住江憲勇会長が記念講演し、「負担増の本当の狙いは何か、それにより誰が利益を得るのかを見極め、怒りを起こす運動取り組み、世論操作を打ち破る国民的学習が必要」と訴えた。

 この他、後期高齢者の保険料への不服審査請求の取り組みの呼びかけ、東京・日の出町の視察報告が行われた。

 フロア発言では「神奈川だけでなく2割化反対の運動を全国に広げよう」との声が出されたほか、野本理事が「75歳以上の無料化は横浜市で一般会計の約1.8%、県なら同3.6%で実現可能」と試算を提示。

 閉会挨拶として二村理事が「各団体の発言から負担増への対抗の決意を感じた」と締めくくった。

(神奈川県保険医新聞2018年7月5日号より抜粋)