保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 歯科臨床研究会、4カ月ぶりに再開 感染防止対策を徹底

歯科臨床研究会、4カ月ぶりに再開 感染防止対策を徹底

 歯科部会は7月2日、かなっくホールにて「正常値なんか覚えるな!病態から理解する臨床検査値の読み方」をテーマに歯科臨床研究会を開催。当日は東海大学医学部口腔外科学領域教授の太田嘉英氏が講師を務め、86名が参加した。

 開催は3月以来4カ月ぶりで、当日は密を避けるため外部の会場で開催し、座席も間隔を空けてソーシャルディスタンスを保った。また参加者には全員マスクの着用、会場入口での手指消毒の徹底をお願い。参加者は全面的にご協力いただき、講演内容も「数値と症状の相関の説明が分かりやすかった」、「日常の臨床に則した内容で大変勉強になった」と非常に好評だった。

 歯科部会は7月2日、かなっくホールにて「正常値なんか覚えるな!病態から理解する臨床検査値の読み方」をテーマに歯科臨床研究会を開催。当日は東海大学医学部口腔外科学領域教授の太田嘉英氏が講師を務め、86名が参加した。

 開催は3月以来4カ月ぶりで、当日は密を避けるため外部の会場で開催し、座席も間隔を空けてソーシャルディスタンスを保った。また参加者には全員マスクの着用、会場入口での手指消毒の徹底をお願い。参加者は全面的にご協力いただき、講演内容も「数値と症状の相関の説明が分かりやすかった」、「日常の臨床に則した内容で大変勉強になった」と非常に好評だった。