保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 世界標準のワクチン求めパレード ワクチンパレード2015

世界標準のワクチン求めパレード ワクチンパレード2015

20150702.jpg

 神奈川県保険医協会・地域医療対策部は2015年7月2日、子ども支援ネットワーク(事務局:千葉県保険医協会)が主催する「希望するすべての子どもたちにワクチンを!」ワクチンパレード2015に参加した。

 今年は各種ワクチンの定期接種化、日本版ACIPの設立を求め、三河台公園から日比谷公園までの約2kmを15団体80名が行進した。出発前の集会では開業医団体、患者団体のほか、国会議員の初鹿明博議員(衆・維)が初めて駆けつけ、挨拶した。

 パレードでは、「オリンピックまでに風疹を撲滅しよう」、「B型肝炎ワクチンは来年から定期と約束して」などのシュプレヒコールを上げた。

(神奈川県保険医新聞2015年7月25日号より抜粋)

20150702.jpg

 神奈川県保険医協会・地域医療対策部は2015年7月2日、子ども支援ネットワーク(事務局:千葉県保険医協会)が主催する「希望するすべての子どもたちにワクチンを!」ワクチンパレード2015に参加した。

 今年は各種ワクチンの定期接種化、日本版ACIPの設立を求め、三河台公園から日比谷公園までの約2kmを15団体80名が行進した。出発前の集会では開業医団体、患者団体のほか、国会議員の初鹿明博議員(衆・維)が初めて駆けつけ、挨拶した。

 パレードでは、「オリンピックまでに風疹を撲滅しよう」、「B型肝炎ワクチンは来年から定期と約束して」などのシュプレヒコールを上げた。

(神奈川県保険医新聞2015年7月25日号より抜粋)