保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 2010年 > 駐車禁止除外指定の復活を要請 歯科部会が県警と懇談

駐車禁止除外指定の復活を要請 歯科部会が県警と懇談

 神奈川県保険医協会・歯科部会は2010年12月9日、神奈川県警との懇談を実施。当日は、県警交通部駐車対策課の宇佐美警部補から「訪問歯科診療の駐車許可制度の変更点」として、当該届出に関わる提出書類の簡素化(?「訪問先一覧」3部→2部へ、?2回目以降は歯科医師免許証ではなく自院パンフも可)を説明がなされた。また、協会からは、歯科地域医療委員会のパンフ『困っています 歯科訪問診療』を基づき埼玉、愛知、鹿児島等の変更や、10道県でも「標章」方式の継続などを例にあげ、本県における駐車禁止除外指定の復活を要望した。

(神奈川県保険医新聞2010年12月25日号より抜粋) 

 神奈川県保険医協会・歯科部会は2010年12月9日、神奈川県警との懇談を実施。当日は、県警交通部駐車対策課の宇佐美警部補から「訪問歯科診療の駐車許可制度の変更点」として、当該届出に関わる提出書類の簡素化(?「訪問先一覧」3部→2部へ、?2回目以降は歯科医師免許証ではなく自院パンフも可)を説明がなされた。また、協会からは、歯科地域医療委員会のパンフ『困っています 歯科訪問診療』を基づき埼玉、愛知、鹿児島等の変更や、10道県でも「標章」方式の継続などを例にあげ、本県における駐車禁止除外指定の復活を要望した。

(神奈川県保険医新聞2010年12月25日号より抜粋)