保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 2010年 > マル乳・マル障・マル親の所得制限撤廃など求め 県民集会を開催 県こども連絡会

マル乳・マル障・マル親の所得制限撤廃など求め 県民集会を開催 県こども連絡会

20101111.JPG

 神奈川県こどもの医療費無料化を求める連絡会(神奈川県保険医協会が加盟)は2010年11月11日、横浜市健康福祉総合センターで「かながわの医療をよくする県民集会〜子どもも障害者も高齢者も、安心して医療にかかれる制度をめざして〜」を開催。県の小児・重度障害者・ひとり親等医療費助成制度に一部負担金を導入せず、年齢や所得による制限を撤廃することなどを求めて、県社保協や障害者・母親・患者団体、年金者組合など、10団体から約100名が参加した。

 集会では、県こども連絡会代表の藤田・当会理事が、かながわの医療制度をめぐる情勢と連絡会の取り組みを報告。参加各団体からは、高齢者の医療制度や小児の医療費助成制度などについて発言があり、フロアからも神奈川での医療制度の拡充を求める声が多数寄せられた。最後は集会アピールを採択した。

 集会後、桜木町駅前から県庁前まで神奈川の医療制度の拡充を求めるシュプレヒコールを上げながら、パレードをおこない、県庁秘書室に集会アピール文を提出した。

(神奈川県保険医新聞2010年11月25日号より抜粋)

20101111.JPG

 神奈川県こどもの医療費無料化を求める連絡会(神奈川県保険医協会が加盟)は2010年11月11日、横浜市健康福祉総合センターで「かながわの医療をよくする県民集会〜子どもも障害者も高齢者も、安心して医療にかかれる制度をめざして〜」を開催。県の小児・重度障害者・ひとり親等医療費助成制度に一部負担金を導入せず、年齢や所得による制限を撤廃することなどを求めて、県社保協や障害者・母親・患者団体、年金者組合など、10団体から約100名が参加した。

 集会では、県こども連絡会代表の藤田・当会理事が、かながわの医療制度をめぐる情勢と連絡会の取り組みを報告。参加各団体からは、高齢者の医療制度や小児の医療費助成制度などについて発言があり、フロアからも神奈川での医療制度の拡充を求める声が多数寄せられた。最後は集会アピールを採択した。

 集会後、桜木町駅前から県庁前まで神奈川の医療制度の拡充を求めるシュプレヒコールを上げながら、パレードをおこない、県庁秘書室に集会アピール文を提出した。

(神奈川県保険医新聞2010年11月25日号より抜粋)