保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 2010年 > 多職種の連携の重要性を講義 第13回循環器セミナー

多職種の連携の重要性を講義 第13回循環器セミナー

20101107.JPG

 研究部は2010年11月7日、崎陽軒本店において第13回循環器セミナーを開催。86名が参加した。テーマを「対応の急がれる循環器疾患を見逃さないために」とし、患者の徴候から考えられる、迅速に対応すべき循環器関連疾患について講演した。特別講演では、川崎市立多摩病院 病院長/聖マリアンナ医科大学内科学教授の亀谷学氏が「患者さんの医療面接とトリアージのコツ」と題して講演したほか、循環器セミナープランナーによる症例検討とディスカッションを行い、患者さんの示す徴候を見逃さず、受付から看護士・医師への連携につないでほしいとした。

(神奈川県保険医新聞2010年11月25日号より抜粋)

20101107.JPG

 研究部は2010年11月7日、崎陽軒本店において第13回循環器セミナーを開催。86名が参加した。テーマを「対応の急がれる循環器疾患を見逃さないために」とし、患者の徴候から考えられる、迅速に対応すべき循環器関連疾患について講演した。特別講演では、川崎市立多摩病院 病院長/聖マリアンナ医科大学内科学教授の亀谷学氏が「患者さんの医療面接とトリアージのコツ」と題して講演したほか、循環器セミナープランナーによる症例検討とディスカッションを行い、患者さんの示す徴候を見逃さず、受付から看護士・医師への連携につないでほしいとした。

(神奈川県保険医新聞2010年11月25日号より抜粋)