保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 2010年 > 歯科部会 新点数運用研究会を開催 「実質プラス改定にあらず」今次歯科改定を再検証

歯科部会 新点数運用研究会を開催 「実質プラス改定にあらず」今次歯科改定を再検証

20100624-2.JPG 2010年6月24日、歯科部会は歯科新点数運用研究会を開催。89名が参加した。第一部「今次歯科改定の概要」、第二部「この間の疑義解釈を含む通知」として解説。

 馬場部会長は「歯科公称プラス2・09%としているが、実態として医院収入は増えていない」と解説。須加保険診療委員長は、参加者に対し「改定前後に疑義解釈やレセプト記載要領等の通知が出されているので、請求漏れなどが無いようにしてほしい」と呼びかけた。

 

神奈川県保険医新聞より抜粋

(2010年7月25日・第1798号)

20100624-2.JPG 2010年6月24日、歯科部会は歯科新点数運用研究会を開催。89名が参加した。第一部「今次歯科改定の概要」、第二部「この間の疑義解釈を含む通知」として解説。

 馬場部会長は「歯科公称プラス2・09%としているが、実態として医院収入は増えていない」と解説。須加保険診療委員長は、参加者に対し「改定前後に疑義解釈やレセプト記載要領等の通知が出されているので、請求漏れなどが無いようにしてほしい」と呼びかけた。

 

神奈川県保険医新聞より抜粋

(2010年7月25日・第1798号)