保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 2010年 > リハビリは全人的・横断的医療 日数制限・疾患別リハ撤回求め国会内集会

リハビリは全人的・横断的医療 日数制限・疾患別リハ撤回求め国会内集会

20100608.JPG

 2010年6月8日、衆議院第2議員会館にて「6・8リハビリ日数制限撤廃を求める国会内集会―今も解決していない患者切り捨て―」が開催された。この集会は「リハビリテーション診療報酬改定を考える会」の主催によるもので、国会議員8名、議員秘書19名を含む84名が参加。当日は、主催者の机の前に運動の先頭に立った故・多田富雄氏(東大名誉教授)の遺影が置かれた。

 初めに主催者を代表し、リハビリ専門医の道免(どうめん)和久氏(兵庫医科大教授)がこの間の経緯と問題点を説明。「リハビリとは全人的な、横断的な医療。臓器での分断はおかしいと学会も指摘している。日数、疾病別リハの撤廃を勝ち取り、リハビリ医療の再構築をしていきたい」と述べた。

(神奈川県保険医新聞2010年6月25日号より抜粋)

20100608.JPG

 2010年6月8日、衆議院第2議員会館にて「6・8リハビリ日数制限撤廃を求める国会内集会―今も解決していない患者切り捨て―」が開催された。この集会は「リハビリテーション診療報酬改定を考える会」の主催によるもので、国会議員8名、議員秘書19名を含む84名が参加。当日は、主催者の机の前に運動の先頭に立った故・多田富雄氏(東大名誉教授)の遺影が置かれた。

 初めに主催者を代表し、リハビリ専門医の道免(どうめん)和久氏(兵庫医科大教授)がこの間の経緯と問題点を説明。「リハビリとは全人的な、横断的な医療。臓器での分断はおかしいと学会も指摘している。日数、疾病別リハの撤廃を勝ち取り、リハビリ医療の再構築をしていきたい」と述べた。

(神奈川県保険医新聞2010年6月25日号より抜粋)