神奈川県保険医協会

第594回月例研究会「潰瘍性大腸炎の最新の知見 内科的治療を中心に」(WEBライブ配信限定)

テーマ

「潰瘍性大腸炎の最新の知見」

―内科的治療を中心に―


講師

聖マリアンナ医科大学消化器・肝臓内科准教授

横浜市西部病院内視鏡部長  黒木 優一郎氏


概要

 年々患者数が増加している潰瘍性大腸炎は、併存他疾患への対応も必要です。早期の寛解導入、長期の寛解維持による患者のQOL向上の為に、臨床的寛解だけではなく、内視鏡的寛解による再燃率や発癌リスクの低下を治療目標とすることが近年重要視されています。多種多様な治療法が登場している中、有効性、副作用を熟知して、専門医や外科への紹介タイミングが遅れないよう、知識を深めましょう。


日時

2021年5月20日(木)19:15-21:00


会場

「Zoom」を用いたWebライブ配信(ウェビナー)限定


参加対象

会員、未入会の医師・歯科医師(医療機関のスタッフ、ご家族も可)


参加費

無料


お申込み

事前に下記のURLよりお申込み(事前登録)ください

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_BBJm4yzsQEeq8-a04oJ15Q


お問合せ

研究部までお電話ください

TEL:045-313-2111


備考

日医生涯教育講座CC:「50(吐血・下血)」1.5単位申請予定


主催

神奈川県保険医協会・研究部


共催

ファイザー株式会社


 

* 神奈川県保険医協会が主催する全ての研究会等には、(株)神保協が後援しております。