神奈川県保険医協会

第29回在宅医療・介護セミナー 「重症心身障害児者の生活をまず知って下さい この子ども達が先生の支援と、多くの支援者との連携を待っています」

テーマ

「重症心身障害児者の生活をまず知って下さい」

―この子ども達が先生の支援と、多くの支援者との連携を待っています―


概要

 医療と福祉の連携は、かつて介護保険の出現ですすみ、高齢者や終末期の方のQOLを高めることが可能となりました。ひるがえって障害のある方を考えますとまだまだ医療と福祉の連携は不十分です。現実に障害児者は数的に増加し重症化しています。高齢者と異なり、専門医療機関から中間施設がないため、直接在宅に退院する事を余儀なくされており家庭に閉じ込められざるを得ない状況があります。この改善に医療と福祉の連携が求められています。障害児保育・療育、特別支援教育・放課後支援、生活介護・短期入所などの施設系の支援が充実してきました。同時に、訪問診療・訪問看護・訪問PT、ヘルパー派遣などの訪問系支援のさらなる充実が強く求められています。これらの連携の要が訪問診療であり、その拡充に小児科医のみでなく成人の訪問診療を担う医師にも参加していただきたく、企画いたしました。(プランナー:三宅捷太氏)


プログラム・話題提供者など

1)座長挨拶とイントロダクション(三宅捷太氏)

2)報告「障害児者のライフステージからみる支援の現況と課題」

  1. 「小児専門の基幹病院から見た小児在宅医療の課題と展望」/神奈川県立こども医療センター地域連携・家族支援局局長 星野 陸夫氏

  2. 「0~2歳児の支援の現状と課題」/あい診療所 片岡 愛氏

  3. 「元療育センター長、学校と通所施設の指導医・専門診療所長として」/みどりの家診療所長 石塚 丈広氏

  4. 「地域病院のする医療型短期入所長・小児在宅訪問医として」/川崎協同病院小児科部長 高村 彰夫氏

  5. 「障害児者歯科医療と小児在宅歯科医療 開業歯科診療所」/ニュータウンはぐくみ歯科副院長 松澤 直子氏

3)質疑応答

座長:神奈川県保険医協会地域医療対策部部員 三宅 捷太氏/同部副部長 岩崎 克夫氏


日時

2021年5月31日(月)19:00-21:00


会場

「Zoom」を用いたWebライブ配信(ウェビナー)限定


参加対象

会員、未入会の医師・歯科医師、医療従事者など


参加費

無料


お申込み

必ず事前に下記のURLよりお申込み(事前登録)ください

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_ad6-IVVYQ_KXmWozYlMnng


お問合せ

事前に地域医療対策部までお電話ください

TEL : 045-313-2111


備考


主催

神奈川県保険医協会・地域医療対策部


後援

 


 

* 神奈川県保険医協会が主催する全ての研究会等には、(株)神保協が後援しております。