神奈川県保険医協会

【歯科】新型コロナ対策関連 歯科も電話等初診が可能に 事前に県へ調査票の提出を

 厚労省は2020年4月24日付で事務連絡を発出し、新型コロナウイルス感染症の拡大状況を踏まえた時限的、特例的な取り扱いとして初診からの電話や情報通信機器を用いた診療を認めるとした。この時、施設基準の届出は不要である。実施医療機関は神奈川県医療課にメールにて報告(県ホームページで公開)することとされている。

 

 これらの特例的な取り扱いは、4月24日から感染が収束するまでの間とし、原則として3カ月ごとに検証が行われる(詳細:2020.4.27発出 厚労省通知「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その15)」)。

 

INDEX

 


初診患者に対する電話等による診療

1. 診察時の注意点

 

2. 算定点数

 

3. 投薬時の注意点

1)院外処方(処方せん等への記載事項)

2)院内処方

 

4. 患者の資格確認

 患者の被保険者資格の確認をし、なりすまし防止策を講じる観点から以下の措置を講じる。また、虚偽の申告が疑われる場合には都道府県に報告する

 

継続管理中の患者への電話等による診療=従来から電話再診可

1. 診察時の注意点

1)すでに対面で診断され治療中の患者

2)電話等による初診を行った患者

 

2. 算定点数

 

神奈川県への調査票の提出について

 

その他

1. 一部負担金の支払方法

 銀行振込、クレジットカード決済、その他電子決済等の支払方法による実施も可能

 

2. 厚労省ホームページでの公表(国民・患者への周知)

 国民・患者に対して、電話や情報通信機器等を用いた診療を実施する医療機関周知のため、当該診療を実施する医療機関の一覧が厚労省ホームページ等で公表される。また、電話や情報通信機器を用いた診療を実施している旨を、医療に関する広告として広告可能とされた

 

3. 感染の収束後について

 感染が収束した後には、直接の対面診療を行う