神奈川県保険医協会

新型コロナの感染が怖くて、医療機関への受診を我慢していませんか?我慢せずに、かかりつけ医(歯科医)に相談しましょう。

私たちは患者さんの健康悪化を心配しています

doctor_oteage_4957.png 神奈川県保険医協会が2020年7月、会員である医師・歯科医師を対象にに行ったアンケートでは、患者さんの受診控えによると思われる受診遅れ、持病の悪化例などが「あった」と答えが、医科で4割、歯科で6割に上りました(集計結果はこちら)

 

 具体的には、“新型コロナウイルスが怖い”といって薬が切れているのに受診せず、久しぶりに来院したら検査の数値が悪くなっていた、体重が減っていたのに受診せずがんの発見が遅れた、アトピーが悪化していた…などです。深刻な事例では、救急搬送、入院に至った事例もありました。歯科でも、虫歯が進行して抜歯になったり、神経を抜いたり、合わない入れ歯を使い続けて炎症を起こしたりという事例もありました。

 

 

我慢せず、身近なかかりつけ医(歯科医)に相談しましょう

doctor-yubi.png 病気は新型コロナウイルスだけではありません。薬が切れているのに自己判断で飲むのを止めたり、定期的に受けている治療を中断したりすると、症状を悪化させてしまう可能性があります。また普段健康な方でも、ご自身の体調で「何かおかしいな」と感じたら、我慢せずに身近な“かかりつけ医”、“かかりつけ歯科医”に相談しましょう。

 

 

受診遅れ、慢性疾患の悪化例など

* 神奈川県保険医協会・会員アンケートの結果から一部ご紹介します

(医科)

(歯科)

 

 

歯科医院は感染症対策を強化しています

 * Youtube動画でご紹介します