神奈川県保険医協会

『総合合算制度』は果たして福音なのか? 政策部長談話を発表しました

 神奈川県保険医協会は2011年11月17日、「『共通番号制』が推奨する『総合合算制度』は果たして福音なのか」と題する政策部長談話を発表し、全国会議員、全都道府県の医師会、マスコミなどに送付しました。

 談話では「総合合算制度」で医療等の自己負担や所得の情報共有で社会保障個人勘定が完成すると指摘。社会保障の変質に注意を喚起しました。

 

談話の全文はこちら↓↓↓

 「共通番号制」が推奨する『総合合算制度』は果たして福音なのか