神奈川県保険医協会

STOP!"くすり"の保険外し!~花粉症のお薬や湿布薬がもらえなくなるの???~

えっ?花粉症の治療薬に健康保険が利かなくなる!?

 

stop_01.png

 いま、薬局や薬店やネットで購入できる市販薬と、有効成分が類似の医療用の医薬品を健康保険で使えなくすることを国は年末に向け検討中です。とりわけ花粉症の治療薬が、焦点となっています。

 

 

INDEX

市販薬の購入での「自己責任」医療へ

「医療」と市販薬の服用は違います

皆保険制度は重要な社会保障 受診は権利

薬の保険外しはあぶない!医師の声

 

【チラシ】

STOP!“くすり”の保険外し

(どなたでもダウンロードできます。ぜひご活用ください)

 


  

市販薬の購入での「自己責任」医療へ

 医療用の医薬品が使えなくなると、市販薬で済ますことになります。専門家の医師によらない、「自己責任」医療となります。これまでビタミン剤、うがい薬、湿布などの一部で実施されています。

stop_03.png

  


  

「医療」と市販薬の服用は違います

 「医療」は医師が医療・医学知識、医療技術と臨床経験をもとに、「診察」をし「診断」し、「治療方針」を考えて、「必要」な治療薬を処方しています。その際、医学的見地から医薬品の作用機序(効き方)や効能、ほかの服用薬との相互作用や悪影響など細心の注意を払っています。これを専門家として短時間で行っています。

 

 素人判断で市販薬を服用すると、問題を生ずる場合があります。医療情報の入手が簡単な時代ですが、基礎医学の知識や臨床経験が無い素人と医療者では雲泥の差があります。医療上、「必要」な医薬品が、類似の市販薬が販売されているという理由で、健康保険から外れると、適切・的確な医療提供ができなくなります。

 

(問題例)

 風邪薬でのスティーヴンス・ジョンソン症候群(皮膚粘膜眼症候群・重傷薬疹)や胃薬での進行性胃がんの発見遅れの他、ウェルニッケ脳症(ビタミンB1 の欠乏による重篤な神経疾患)なども指摘されています。

stop_02.png

 


  

皆保険制度は重要な社会保障 受診は権利

stop_04.png

 日本は国民全員が加入する健康保険(「皆保険制度」)により、「医療」を誰もが十分に受けられる仕組みが生存権保障(憲法25条)の下で確保されています。保険料や税金を事前に各自で負担しています。市販薬は受診より安い場合もあると主張する保険者がありますが、受診は私達の権利です。医学的にも問題です。

 

 健康保険で医療に必要な医薬品は提供できる制度でありつづけることが、制度の信頼性や十分性を高め、負担の理解を促し、よくいわれる制度の持続可能性を確固たるものにしていきます。

 


  

薬の保険外しはあぶない!医師の声

 町の開業医(当会会員)からも、薬が保険から外されることを心配する声が寄せられています。

doctor-man-woman-worry.png

 

医学的視点での懸念の声

 

患者さんの負担が大変!

 

薬の保険外しだけじゃない!患者さんが心配…