神奈川県保険医協会

診療所の感染対策を指南 医科・医療安全対策講習会

DSC_0023.JPG

 保険診療対策部は12月18日、関内ホールにて医療安全対策講習会を開催。小林副部長が講師を務め、医療機関スタッフを中心に134名が参加した。

 講習会では、医療法で医療安全指針、院内感染対策指針の作成が義務化されていることを解説。行政の立ち入り調査やヒヤリ・ハット事例等を通し、医療機関での医療安全・院内感染症対策を例示した。また、改正医療法により義務化された院内検体検査の精度管理、診療用放射線の安全管理対策、来年4月から義務化される医療ガスに係る安全管理についても周知した。

(神奈川県保険医新聞2020年1月25日号より抜粋)