スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. お知らせ
  4. 2013年 新年のご挨拶 (理事長 池川明)

2013年 新年のご挨拶 (理事長 池川明)

理事長 池川 明 新年あけましておめでとうございます。

 

 マヤ歴の最後といわれた2012年が何事もなく無事に終わり、新しい年を迎えることが出来ました。

 

 年末に行われた衆議院選挙は、自民単独過半数の圧勝に終わりました。

 いま非常に難しい社会状況の中、再び自民党中心の政治に揺り戻された結果が、医療・社会保障にどのような影響があるのか、注意深く見ていかなければならないでしょう。

 

 医療を取り巻く環境は、良くも悪くも激変と言って良いくらいの変化がここ数年起きています。すでに法律や制度の基盤整備は、ある程度完成してきています。一つ一つの動きはばらばらでも、ある一定の意図を持って着々と進んでいることは、全体の流れを俯瞰してみると理解できます。選挙の結果、さらに医療や社会保障分野の変化のスピードは増すと考えられます。

 

 さて、今年は神奈川県保険医協会にとっては創立50周年を迎えると共に、全国保険医団体連合会の医療研究集会を主管する年でもあり、さらには役員の改選もある重要な一年になります。

 保険医協会は、保険医療の充実を求めていくことは今後も変わりませんが、今後様変わりするであろう急激な保険医療の環境変化に対応できるように、会員諸氏に最新の情報をお伝えして参ります。

 

 今年も一年、会員の皆様のご支援を何卒よろしくお願いいたします。

 

神奈川県保険医協会

理事長  池川 明