スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. お知らせ
  4. [医療機関向け] 鳥取地震で被災された方の受診対応について(2016.10.24更新)

[医療機関向け] 鳥取地震で被災された方の受診対応について(2016.10.24更新)

 鳥取地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 このページでは、同地震の被災者が来院された際の、医療機関の窓口対応について掲載します。新たな情報が入り次第、随時更新していきますので、当会会員に限らず、すべての保険医療機関にご参照いただきた、お役立ていただきたいと存じます。

 


 2016.10.24

厚労省が「平成28年鳥取県中部地震による被災者に係る公費負担医療の取扱いについて」を発出

 

(概要)

 各種公費負担医療により受診している本地震の被災者が患者票や手帳等を持たずに医療機関に受診した場合でも、公費対象者であることの申出、氏名、生年月日、住所などを確認することにより、公費による受診ができる。また緊急の場合は、指定医療機関以外の医療機関にも受診できる。医療機関の窓口対応、レセプト請求方法も掲載されている。


2016.10.21

厚労省が「鳥取県中部地震による被災者に係る被保険者証等の掲示等について」を発出

 

(概要)

 本地震で被災された方が保険証を持たずに医療機関に受診した場合でも、医療機関は氏名、生年月日、連絡先などを確認することで保険診療を提供することができる。レセプトの請求方法は、2013年1月24日に厚労省が発出した、「暴風雪被害に係る診療報酬等の請求の取扱について」に準じて取扱うこととされている。