スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. "劇症1型DM"にご用心 神奈川糖尿病ネットワーク研究会

"劇症1型DM"にご用心 神奈川糖尿病ネットワーク研究会

tounyoubyoukenkyukai.jpg

 研究部は3月20日、「一般医にも知ってほしい1型糖尿病の知識」をテーマに第47回神奈川糖尿病ネットワーク研究会を開催し59名が参加した。

 講師のH.E.Cサイエンスクリニック 糖尿病センター センター長 調 進一郎氏は、2型糖尿病(DM)として診ている中にも『隠れ1型DM』が潜んでいるケースがあり、また風邪と思って見逃すと数日で死に至る『劇症1型DM』等があるとし、専門でない先生にこそ知ってもらいたい、と1型DMについて詳細に解説。1型DMのインスリンの使い方を通して2型DMのインスリンの使い方の理解が深まることなど、明日からの臨床に役立つ内容となった。参加者からは「最近1型の患者が来院し、基礎知識の習得が必要だと感じており勉強になった」といった声が寄せられ、好評を博した。

(神奈川県保険医新聞2019年4月5日号より抜粋)