スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 患者に「食べること」を諦めさせない 歯科・在宅医療特別研究会

患者に「食べること」を諦めさせない 歯科・在宅医療特別研究会

sikatokubetuken.jpg

 歯科部会は3月29日、「開業医のための訪問診療中級編 摂食嚥下リハビリテーションにチャレンジ」をテーマに歯科在宅医療特別研究会を開催。112名が参加した。講師は鶴見大学歯学部高齢者講師の菅武雄氏が務めた。

 菅氏は口腔機能を高めるために訪問診療を行う歯科医師には摂食嚥下の知識は必須であるとして、在宅歯科医療における摂食嚥下リハビリテーションの導入について解説した。

 今研究会は「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)」の施設基準のうち、選択式項目の一つである「在宅医療に関する研修」として開催した。

(神奈川県保険医新聞2019年4月15日号より抜粋)