神奈川県保険医協会

第592回月例研究会「アトピー性皮膚炎up date アトピー性皮膚炎の新規バイオマーカー~SCCA2の役割~」(WEBライブ配信限定)

テーマ

「アトピー性皮膚炎up date アトピー性皮膚炎の新規バイオマーカー」

―SCCA2の役割―


講師

横浜市立大学 医学部 環境免疫病態皮膚科学 助教  渡邉 裕子氏


概要

 アトピー性皮膚炎(AD)患者の多くはアトピー素因として既往や家族歴に気管支喘息やアレルギー性鼻炎・結膜炎のうちいずれかあるいは複数を持つ。ADの発症は遺伝的要因と環境要因の複合的な組み合わせで生じる。ADの重症度評価、バイオマーカー、特にSCCA2について解説する。ADに対する新規治療薬としてIL-4とIL-13の両方を抑制するデュピルマブ、Janus kinase(JAK)阻害薬の外用薬であるデルゴシチニブの使用にも触れたい。


日時

2021年3月25日(木)19:15-21:00


会場

「Zoom」を用いたWebライブ配信(ウェビナー)限定


参加対象

会員、未入会の医師・歯科医師(医療機関のスタッフ、ご家族も可)


参加費

無料


お問合せ

事前に研究部までお電話ください

TEL : 045-313-2111


備考


主催

神奈川県保険医協会・研究部


共催

㈱シノテスト


 

* 神奈川県保険医協会が主催する全ての研究会等には、(株)神保協が後援しております。