スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 対論・ゼロの会 「健康は自己責任か 安心して医療にかかれる社会をめざして」

行事案内

対論・ゼロの会 「健康は自己責任か 安心して医療にかかれる社会をめざして」

テーマ

対論・ゼロの会「健康は自己責任か」

―安心して医療にかかれる社会をめざして―


講師

立教大学コミュニティ福祉学部教授  芝田 英昭氏


概要

 ご存知でしょうか。日本にはかつて、サラリーマンが医療機関窓口で支払う負担割合が“ゼロ”だった時代があります。今はほとんどの人が3割負担。経済的な理由で医療にかかれず苦しむ人もいます。国はそのような中、薬の保険外しや受診時に別途負担金を課すなど、さらなる負担増を計画しています。疾病に苦しむ人が、いつでも、どこでも、安心して医療が受けられる社会の実現ために、必要な視点と私たちにできることは何か。60年分の厚労白書を鳥瞰しながら、その道筋を探ります。

 

当日のスケジュール

講演:「医療保険『一部負担』の根拠を追う」

立教大学コミュニティ福祉学部教授  芝田 英昭氏

特別報告:「“ゼロ”をめざした建設国保の歴史」

神奈川県建設連合国保組合・事務局長  坂間 圭介氏

鼎談:芝田氏×坂間氏×二村哲氏(神奈川県保険医協会・医療運動部会長)


日時

2019年11月17日(日)13:30-16:00


会場

保険医協会・会議室

アクセスマップ

 

(Google map)


参加対象

一般の方、会員、未入会の医師・歯科医師、医療従事者など


参加費

無料


お申込み/お問合せ

事前に医療運動部会までお電話にてお申込みください

TEL : 045-313-2111


主催

医療費の窓口負担「ゼロの会」/神奈川県保険医協会


  

* 神奈川県保険医協会が主催する全ての研究会等には、(株)神保協が後援しております。