スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 第568回月例研究会 「画像で紐解く慢性便秘症治療ガイドライン」

行事案内

第568回月例研究会 「画像で紐解く慢性便秘症治療ガイドライン」

***神奈川県保険医協会が主催する全ての研究会等には、(株)神保協が後援しております***

テーマ

「画像で紐解く慢性便秘症治療ガイドライン」

講師

国立病院機構 久里浜医療センター 内視鏡部長  水上 健氏

概要

 日本の便秘診療を世界基準に合わせ、2017年に日本初の慢性便秘症診療ガイドラインが発刊された。慢性便秘症は「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義され、①硬便②排便困難③残便感④便回数が週3回未満の2項目を満たすものが慢性便秘症とされる。しかし現時点では病態からの治療選択がなく、従来の検査からガイドラインを解釈して治療へ応用する方法が望まれる。水上先生は「浸水法」を開発し、無麻酔大腸内視鏡検査を運用している。今回画像を見ながら便秘の理論と治療法を学びたい。 

日時

2018年5月17日(木)19:15-21:00

会場

崎陽軒本店6階・会議室   アクセスマップ

参加対象

会員、未入会の医師・歯科医師(医療機関のスタッフも可)

参加費

無料

お申込み

お問合せ

事前に研究部までお電話にてお申込みください

(TEL 045-313-2111)

備考

* 日医生涯教育講座CC :申請予定

主催

神奈川県保険医協会・研究部

共催

マイランEPD合同会社