スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 「歯科院内感染防止対策研修会」 2018年診療報酬改定新設:初診料の施設基準に係る研修

行事案内

「歯科院内感染防止対策研修会」 2018年診療報酬改定新設:初診料の施設基準に係る研修

***神奈川県保険医協会が主催する全ての研究会等には、(株)神保協が後援しております***

テーマ

「歯科診療所における院内感染対策について」

―2018年診療報酬改定新設:初診料の施設基準に係る研修―

講師

鶴見大学歯学部・口腔顎顔面外科学講座教授  濱田 良樹氏

概要

 2018年診療報酬改定で初診料に院内感染対策についての施設基準が新設されます。9月末までは届出の有無にかかわらず、初診料234点、再診料45点を算定しますが、10月1日より届出済医療機関は初診料237点・再診料48点に増点、未届出のままの医療機関は初診料226点、再診料41点と減算されることとなりました。

 保険医協会では、今回すべての医療機関が対象となる施設基準に対応するため、初診料の施設基準に係る「院内感染防止対策研修」を開催いたします。ご参加を希望される先生は、保険医協会歯科部会までお申込みください。

 

 「はじめに、院内感染対策の大原則であるスタンダードプリコーション(標準予防策)の概念を復習したうえで、日常的に見受けがちな歯科診療所における院内感染対策上の具体的な問題点をいくつか提示します。その後、個々の事例に対する鶴見大学歯学部附属病院における対応を紹介すると共に、標準予防策の概念を念頭に置いたリーズナブルな改善策について、参加者の皆様と一緒にディスカッションできれば幸甚と考えています。」

 

[歯科点数表の初診料の注1に規定する施設基準

(1) 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な院内感染防止対策を講じていること。

(2) 感染症患者に対する歯科診療に対応する体制を確保していること。

(3) 歯科外来診療の院内感染防止対策に係る研修を4年に1回以上、定期的に受講している常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。

(4) 当該保険医療機関の見やすい場所に、院内感染防止対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

(5) 年に1回、院内感染対策の実施状況等について、地方厚生(支)局長に報告していること。

 

* 研修については2019年3月末までは要件を満たしているものとして扱われますが、19年4月以降も届出を継続する場合それまでに研修をうけて届出を行う必要があります

日時

2018年4月22日(日)

①13:00- * 定員に達したため募集を終了します(2018.4.4現在)

②15:00-

* どちらの回も内容は同じです

会場

鶴見大学記念館・記念館 ホール(横浜市鶴見区鶴見2-1-3)

JR「鶴見駅」西口から徒歩5分、京急「鶴見駅」から徒歩7分

 

  アクセスマップ

map_turumi-uni.jpg

定員

各回とも450名

参加対象

会員(会員医療機関のスタッフ、ご家族も可)

* 各医療機関1名の参加とさせていただきます

* 常勤の歯科医師がご参加ください

参加費

無料

お申込み

お問合せ

事前に歯科部会までお電話にてお申込みください

(TEL 045-313-2111)

備考

* この行事に参加するには、保険医協会への入会が原則となります。未入会の医師・歯科医師の方(スタッフ及びご家族の方含む)が参加する場合は、事前または当日に入会手続きを行っていただきます。(入会金¥6,000、月会費¥6,000)。まずは事前にお電話にてお申込みください。

主催

神奈川県保険医協会・歯科部会