スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 県央支部学習会 「医院が講じるべき大規模災害対策~その時あなたはどうしますか?~」

行事案内

県央支部学習会 「医院が講じるべき大規模災害対策~その時あなたはどうしますか?~」

***神奈川県保険医協会が主催する全ての研究会等には、(株)神保協が後援しております***

テーマ

「医院が講じるべき大規模災害対策~その時あなたはどうしますか?~」

講師

神奈川県保険医協会副理事長/横浜市港北区医師会副会長(災害医療担当)/日横クリニック院長  鈴木 悦朗氏

概要

 大規模災害時においても医療機関には医療提供体制の維持が求められます。診療に必要な資源やライフラインに制約が生じる可能性もあり、「きちんと対応できるか不安」という方も多いのではないでしょうか。今回は横浜市港北区医師会副会長の鈴木悦朗先生に、大規模災害時の医療体制、首都圏直下型地震が起こった場合の被害想定、現状対応など、今から準備しておくべきことについて解説して頂きます。

 県央地区では都心南部直下地震・東海地震・南海トラフ巨大地震などの被害が懸念され、今後30年以内に震度5弱から6強以上の地震が発生する確率は70%以上です。この機会に万一の場合の対応を確認しておきましょう。

日時

2017年4月19日(水)19:30-21:00

会場

海老名市文化会館・122大会議室(各線「海老名駅」より徒歩5分)   アクセスマップ

定員

30名

参加対象

会員(会員医療機関のスタッフ、ご家族も可)

参加費

無料

お申込み

お問合せ

事前に県央支部までお電話にてお申込みください

(TEL 045-313-2111)

備考

*この行事に参加するには、保険医協会への入会が原則となります。未入会の医師・歯科医師の方(スタッフ及びご家族の方含む)が参加する場合は、事前または当日に入会手続きを行っていただきます。(入会金¥6,000、月会費¥6,000)。まずは事前にお電話にてお申込みください。

主催

神奈川県保険医協会・県央支部