スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 県央支部研究会 「アナフィラキシーとその対応」

行事案内

県央支部研究会 「アナフィラキシーとその対応」

***神奈川県保険医協会が主催する全ての研究会等には、(株)神保協が後援しております***

テーマ

県央支部研究会 「アナフィラキシーとその対応」

講師

国立病院機構相模原病院臨床研究センター

副臨床研究センター長/アレルギー性疾患研究部部長  海老澤 元宏氏

概要

 アナフィラキシーは「生命に危険を及ぼすような重篤で広範な全身性のアレルギー反応」である。アナフィラキシーは決してまれな疾患・病態ではなく、診療に携わるすべての医師・コメディカルが、アナフィラキシーを正しく理解し初期対応・治療を実行できるようになるべきである。迅速な臨床診断が最も重要で初期対応として患者の仰臥位または楽な体位の確保とアドレナリンの筋肉注射等を速やかに同時に行うことが重要である。

日時

2017年10月18日(水)19:30-21:00

会場

海老名市文化会館・351多目的室   アクセスマップ

* JR相模線、小田急小田原線、相鉄線「海老名駅」から徒歩5分

 

google map

定員

50名

参加対象

会員(会員医療機関のスタッフ、ご家族も可)

参加費

無料

お申込み

お問合せ

事前に県央支部までお電話にてお申込みください

(TEL 045-313-2111)

備考

*この行事に参加するには、保険医協会への入会が原則となります。未入会の医師・歯科医師の方(スタッフ及びご家族の方含む)が参加する場合は、事前または当日に入会手続きを行っていただきます。(入会金¥6,000、月会費¥6,000)。まずは事前にお電話にてお申込みください。

主催

神奈川県保険医協会・県央支部