スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 第556回月例研究会 「狭心症、心筋梗塞に対する新しい治療法-薬剤溶出性生体吸収性冠動脈スキャフォールド (BRS)」

行事案内

第556回月例研究会 「狭心症、心筋梗塞に対する新しい治療法-薬剤溶出性生体吸収性冠動脈スキャフォールド (BRS)」

***神奈川県保険医協会が主催する全ての研究会等には、(株)神保協が後援しております***

テーマ

「狭心症、心筋梗塞に対する新しい治療法-薬剤溶出性生体吸収性冠動脈スキャフォールド (BRS)」

講師

湘南鎌倉総合病院 副院長 兼 循環器内科部長  齋藤 滋氏

概要

 今回の研究会は狭心症、心筋梗塞に対する新しい治療法としての薬剤溶出性生体吸収性冠動脈スキャフォールドについて齋藤 滋先生にご講演していただきます。1977年、スイスのGruentzigが世界で初めて経皮的冠動脈インターベンションを行いました。以来改良を経て、新しいインターベンションが始まっています。この分野の最新のお話を伺えると思います。たくさんの先生方のご参加をお待ちしています。

日時

2017年3月23日(木)19:30-21:00

会場

保険医協会・会議室   アクセスマップ

参加対象

会員、未入会の医師・歯科医師(医療機関のスタッフ、ご家族も可)

参加費

無料

お申込み

お問合せ

事前に研究部までお電話にてお申込みください

(TEL 045-313-2111)

備考

*日医生涯教育講座CC[],[],[],[],[] 申請予定

主催

神奈川県保険医協会・研究部