スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 医療問題学習会「健康格差をもたらす『健康の社会的決定要因』とは」

行事案内

医療問題学習会「健康格差をもたらす『健康の社会的決定要因』とは」

テーマ

「健康格差をもたらす『健康の社会的決定要因』とは」


講師

順天堂大学医学部 医学教育研究室 教授 武田 裕子氏


概要

 経済状況や就労環境など社会的背景が異なることで生じる「健康格差」は、様々な調査で徐々に認識されるようになってきました。今回は、へき地医療や海外留学の経験から、健康の社会的決定要因(SDH)の研究に取り組まれ、帰国後は医学教育の中で健康格差の現状に触れる体験教育にご尽力されている武田裕子先生をお招きしたいと思います。

 健康の社会的決定要因(SDH)とは何か、医療者としてその『事実』をどう捉え、何ができるのかを考える機会としたいと思います。


日時

2020年1月24日(金)19:30-


会場

保険医協会・会議室

アクセスマップ

 

(Google map)


参加対象

一般の方、会員、未入会の医師・歯科医師、医療従事者など


参加費

無料


定員

100名 


お申込み/お問合せ

事前に医療運動部会までお電話にてお申込みください。

TEL : 045-313-2111


主催

神奈川県保険医協会・医療運動部会


 

* 神奈川県保険医協会が主催する全ての研究会等には、(株)神保協が後援しております。