スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 医師及びメディカルスタッフのための第35回糖尿病セミナー 「糖尿病治療 Up to date」

行事案内

医師及びメディカルスタッフのための第35回糖尿病セミナー 「糖尿病治療 Up to date」

***神奈川県保険医協会が主催する全ての研究会等には、(株)神保協が後援しております***

メインテーマ

「糖尿病治療 Up to date」

講師/要旨

【特別講演1】

<テーマ >

『糖尿病網膜症治療の現状―特に黄斑浮腫に対する局所薬物療法について―』

<講 師>

聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院 眼科部長 准教授  荒川 明先生

<要 旨>

 糖尿病網膜症に対する眼科での治療手段は従来、レーザー治療や手術に限られていましたが、4年前から糖尿病黄斑浮腫の合併例には複数の局所注射薬が使用できる様になりました。その成績などを含めて、治療の現状を解説いたします。

 

【特別講演2】

<テーマ >

『Free Style Libreのメリット・デメリット』

<講 師>

東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科 教授  西村 理明先生

<要 旨>

 Free Styleリブレが画期的なのは、円形のセンサーに本機器をかざすと、瞬時に直近の血糖値、ならびに過去8時間の血糖値の推移、さらにはそのトレンドを示す矢印が示される事である。その詳細、デメリットについても触れたい。

 

【レクチャー1

<テーマ >

『在宅訪問診療で対応している糖尿病患者について』

<講 師 >

江口医院 院長  江口 一彦

<要 旨>

 在宅訪問診療で対応している患者には、外来通院患者と異なり様々な問題があります。介護者の有無や介護環境、施設居住者では看護師勤務の有無などで対応が異なります。多職種連携の重要性についてお話します。

 

【レクチャー2】

<テーマ >

『GLP-1受容体作動薬の種類とその効用』

<講 師>

H.E.Cサイエンスクリニック 糖尿病センター センター長  調 進一郎

<要 旨>

 2009年発売のDPP-4阻害薬が大活躍する中、翌年発売のGLP-1受容体作動薬は少し影が薄い存在でした。けれども、近年は心臓や腎臓の保護作用などのマルチ作用が注目されています。そんなGLP-1製剤の新たな魅力をお伝えします。

 

【レクチャー3】

<テーマ >

『当院における運動療法の実際』

<講 師>

医療法人社団 武田クリニック 院長  武田 浩

<要 旨>

 3年前より運動療法指導指導室を設置し、ヨガ教室、ストレッチ教室、ベリーダンス教室などを施行してきています。フレイル対策、患者さんの参加への取り組み、今後の課題を提示したいと思います。

日時

2019年2月11日(月・祝)13:00-16:40(受付開始12:00)

会場

新都市ホール・そごう9階   アクセスマップ

定員

900名

参加対象

会員、未入会の医師・歯科医師(医療機関のスタッフ、ご家族も可)

参加費

3,000円(事前振り込み) *振込先・振込方法

*お振込後のご返金は出来ません。

(当日申込4,000円)

お申込み

お問合せ

<申込み方法>

*必ず事前にFAX等でお申し込み下さい。

その後、下記口座へ2019年1月30日(水)までに参加費をお振込みください。(お振込みが期日までに間に合わない場合は、事務局へお問合せ下さい。)

また、その際、通信欄に「参加者氏名(複数の場合は全員分)」と「糖尿病セミナーの参加費」である旨をご記入ください。資料は当日お渡しします。

 

【振込先】

郵便局口座名 : 神奈川県保険医協会 

口座番号 : 00260-2―2220

 

~セミナーにお申し込みをされた方へ~

*お申し込みが受け付けられた旨の連絡はしておりません(当協会より別段連絡が無い限り受け付けられております)

*会場は座席によって空調の利きに偏りがございます。必要な方は上着、ひざかけ 等ご用意ください。

 

<連絡先>

神奈川県保険医協会 担当:大井、大波、田中

(TEL 045-313-2111/FAX 045-313-2113)

備考

* 神奈川糖尿病療養指導士認定のための研修会(5単位) 

*日本糖尿病療養指導士認定・更新のための研修会(第2群1単位) 申請予定

*日本糖尿病協会 療養指導医(歯科医師登録医)取得のための講習会

*日医生涯教育認定講座CC(76) 申請予定

 

*原則、遅刻・早退された場合は、単位取得のための参加証配布は致しかねますので、ご了承ください。

主催

神奈川県保険医協会

共催

ノボノルディスク ファーマ株式会社